コラーゲンの種類

コラーゲン

コラーゲンというと、美容に効果のある成分ということで多くの人が知っています。一言にコラーゲンと言っても、実は低分子コラーゲンと高分子コラーゲンというようにわけていくことができます。最近のサプリメントでは、低分子コラーゲンが配合されているものが多くなってきています。低分子コラーゲンとは、分子量がとても細かく調整されているコラーゲンのことです。通常のコラーゲンは、分子量が大きいので細胞の間を通りぬけにくいということがあります。しかし、粒子が細かいコラーゲンの場合、しっかりと確実に細胞まで行き届きます。低分子コラーゲンは、魚等の海洋生物に含まれていることが多く、マリンコラーゲンとも呼ばれています。肌を内側から潤すという効果や、髪の毛をつやつやにする効果、関節痛などを和らげる効果など、様々な効果があります。また、心臓や血管の弾力を補強するという効果もあります。高い吸収率があるため、コラーゲンドリンクでは、低分子コラーゲンやマリンコラーゲンと呼ばれる種類のコラーゲンが使われることが多いです。なお、高分子コラーゲンは、人工的に分解していないコラーゲンのことで、コラーゲン本来の働きを行ないます。低分子コラーゲンにはない、免疫力アップというような効果もあるので、使い分けていくことが大切です。

低分子コラーゲンは、コラーゲンドリンクだけでなく、サプリメントでも摂取することが可能です。コラーゲンは、美容だけでなく、健康の面から見ても必要不可欠な成分です。しっかりと摂取して、毎日を健康に美しく過ごしていきましょう。