漫画家になる学校の選び方

枠

専門学校と個人塾がある

漫画家になるには大きく分けて2つの方法があります。漫画家のプロの助手になって現場で腕を磨く方法と、漫画コンクールに応募して入賞することです。漫画家の助手になるにはある程度の描く技術が必要なので、一番現実的なのは漫画の描き方を教えてくれる学校に通うことです。漫画のスクールはたくさんありますが、確実に漫画家になるには過去の卒業者の中にプロの漫画家になった人が多い学校を選ぶことです。そのような学校は漫画を教えるノウハウが充実しています。また実際に入学してから後悔することのないように、学校の評判などを事前に調べることが大事です。ネットの口コミや評価を見るとある程度の参考になります。入学したい学校の案内パンフレットを取り寄せて比較検討することも大事です。実際に授業風景などを見学することも必要です。漫画家になるには技術やテクニックも必要ですが、自分でストーリーを創り出す創造力が重要になります。デッサン力や描写力だけでなく、ストーリーの作り方などを教えてくれる学校を選んだ方が効果的です。大規模なスクールよりも、個人が主催している漫画塾のような教室の方が、マンツーマンで教えてくれます。このような漫画スクールや塾の費用ですが、一般的な相場で年間100万円ぐらいはかかります。この中には教材費なども含みますが、大体の目安です。個人塾の場合は教える講師によって授業料が違ってきます。漫画家になるにはとにかく学校でテクニックとストーリーを学んで、コンクールに応募するのが第一歩となります。

Copyright© 2018 【基礎からスキルが学べる】自分に合ったギター教室に通おう All Rights Reserved.